16:8ダイエットって知ってる?どんな効果があるのか、やり方についても解説します

16:8ダイエットは、1日24時間の間で8時間は何を食べてもいいけれど、残りの16時間は食べない時間にして痩せるとういうダイエット方法です。

通常通り1日3食のペースで食事をすると、前に食べたものが消化されないうちに次の食事をすることになり、結果食べ過ぎということになり太ります。

断食している16時間の間に食べ物をすっきり消化吸収させてしまうということで、胃腸もスッキリさせて、内臓にも負担をかけずに痩せるというダイエットです。

私は断食に加えてビークレンズというチャコールドリンクを飲みました。チャコールドリンクは代謝をよくしたり、老廃物に吸着してくれるので、断食中に効果を発揮すると思ったからです。

さらに、ビークレンズの口コミもチェックしましたがかなり評判がよく、飲みやすそうだったので選びました。

実際に飲んでみても、飲みやすいし、便通も良くなったので、飲んでよかったと思います。

早寝早起きになって時間に余裕ができ、胃腸の調子もよくなります

16時間断食するということは、夜8時間くらいが睡眠時間とすると、朝食を抜いて、昼食を食べ、夜は19時くらいまでに夕食を済ませるということになるので、早く寝るようになり、結果早起きになります。

朝は食べられませんが、朝晩の台所の片付けもなくなるので時間余裕ができます。

時間ができると本を読んだり、勉強をしたりゆとりのある生活ができます。

運動でもしようかなという余裕がでてくるので、ダイエットも加速しますし、なにより朝起きた時に胃腸がすっきりして、お通じがよくなります。

肌の調子もよくなるし、ぽっこりお腹も凹みダイエットを続けるやる気も継続しやすいです。

1日2食になるので、食費の節約にもなりました。

全体的に生活が整うことになりました。

ダイエットはなんといっても簡単な方法が一番です

カロリー計算とか、糖質制限とか食べ物を選ばなければならないダイエットは面倒だし食べるものが偏ってストレスになるので、食べるのが好きな自分には続けにくかったですが、16:8ダイエットは、単純に朝食を抜くことと、夕食を早めに済ませることを行えば基本的に成立しました。

2時間くらいはずれても大丈夫というゆとりがあったのも、やりやすかった理由です。

極端にお菓子を食べ過ぎたりはNGだと思いますが、基本的に食べ物の制限はないですし、飲み会や外食で夜に食べ過ぎても、次の日の朝を抜くので、お腹がスッキリします。

お腹が空になるということがいかに無かったかということを実感しました。

空腹になると、次の食事美味しく感じるし、体にいいことが実感できるのも続けやすくて自分にはよかったです。

規則正しい生活が好きな人向きです

自己管理が苦手な人には逆におすすめできると思います。

食事のタイミングを気にするという1点だけなので、面倒くさがりな人にも向いていると思いました。

規則正しい生活に憧れている人や、あれこれとやる事が多い人は、食事の内容にまで気を配ったり、わざわざ運動をするところから始めると挫折しやすいので、まずはこれからやることをお勧めします。

これだけでも少しずつ効果が出てきますが、自動的に時間に余裕が出てくるので、負担にならないぐらいで散歩とかスクワットとか簡単な運動をすると、さらに効果がアップするのでダイエットの継続につながると思います。

料理が好きな人は、1日2回の限られた食事を充実させてみるのもよいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*