健康的な生活習慣で身体を整えるだけでもダイエットになるの?3ヶ月の経過報告

私が行ったダイエットは、ただ運動量を増やすとか、ただ食事だけを変えるのでなく、
生活全体を見直しました。特に、食事、運動、睡眠の3つに重点を置いて、いかに良質な生活のレベルに引き上げるかを考えていました。それが結果的に痩せることに繋がりました。痩せるというより程よい筋肉をつけて引き締まった体を作りました。
まず、食事面でのダイエットは、徹底的に小麦粉と砂糖、添加物の摂取をやめました。
運動は、仕事帰りにジムへ週2回ほど、仕事前に15分程度散歩をしました。
睡眠は、なるべく寝る前に携帯電話やパソコン、テレビを見ないようにしたり、運動を取り入れてからは良い意味で身体が疲れていたので、ぐっすり眠れました。

健康な体になれば、考え方も変わる

以前は、自分の身体の声を聞かず、テレビや雑誌、ネットの健康情報などばかりを信じていましたが、
このダイエットをして自分の体と向き合うようになってからは、これを食べると身体がこういう反応を示すとか、身体が軽く/重く感じるというのがわかってきました。
そうして、自然と気持ちがシャキッとし始め、猫背気味で考え方もネガティブになる頻度が減っていき、姿勢も良くなったと周りから言われるようになりました。
ダイエットとは関係がないかもしれませんが、浪費が減ったようにも思います。断捨離も行い、周りがすっきりしたのはダイエットのおかげか、もしくは断捨離をしたからダイエットの効果がでたのかは、ニワトリが先か卵が先かみたいなところです。
どちらにせよ、身体を整える事で、かなり生活全体にも良い効果が生まれました。
あと、生理痛が和らぎました。

身体の声を聞くダイエットで、快感を感じたから

自分の身体の声を聞いて、実際にダイエットの効果を感じると、
それが快感のように思えて、以前のような思考回路、生活習慣には戻せなくなりました。
これはこのダイエットを生活として取り入れた事が良かったのだと思います。
生理痛も和らいだ事で、毎月の生理が楽になり(もちろんイライラ期みたいなのは多少ありますが)
生理前の暴飲暴食はかなり減りました。今でも、エネルギー高い物が食べたい!っていう衝動はありますが、それは生理前の身体の自然な反応だとも思っています。
ただ、お砂糖をやめたことで、どうしても社会生活の場で甘い物を摂ることになったとき、
かなり激甘に感じました。

ジムは、最初から無理せず”運動が嫌いにならない”ペースで通った事が継続につながったと思います。

身体の声を聞きながら、ダイエットを好きになる

まずは、身体の声を聞くことです。
そもそも誰のためにダイエットをするのか?自分の為です。
では自分の声を聞くのが一番大切です。
毎日身体に負担をかけてストレスを溜めたり、お腹がいっぱいなのについつい食べ続けてしまったり、無理を続けると、身体はそれにも正直に答えます。

正しいダイエットをすることは、自分自身の身体を労わる事だと思って、常に自分自身に耳を傾けてあげると良いと思います。
実際に効果を感じるには、自分がどれだけの長い間、どれだけ身体に負担をかけてきたかにもよります。
長い間そのような生活を続けてきた方には、難しく感じるかもしれませんが、一度快感を知り、身体の調子が整うと、きっと以前のような悪い生活習慣に戻ることはなかなかないと思います。

継続は大切ですが、無理する継続でなく、身体が求める好きなダイエットの継続を心がけてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*