一日二回のケアだけ!顔を洗った後におすすめのスキンケアの方法をまとめてみた

私の実践しているスキンケアは朝の洗顔やシェービング後とお風呂上りに化粧水を顔につけるだけです。

これは顔洗後は顔の水分がとられてしまうことによる乾燥を防ぐこと、また、シェービングなどによって傷ついた肌のケアを行うことが目的です。

一日に何度もスキンケアを行う事は男性にとってハードルが高いですが、決められたタイミングで一日二回であれば簡単に取り組むことが出来ます。

具体的方法として、私はポンプに入った化粧水を顔に塗りつけるだけです。

乳液などはべたべたして不快であるため、化粧水のみにしています。

これで美肌と言われる日常を送れています。

もし、化粧水だけでなく乳液や化粧水、美容液を使いたいと思っているなら、一度使ってみるのもおすすめです。

男性の場合、化粧水や乳液、美容液が何かわかっていないかもしれませんので、それぞれについてどのように使用するのか紹介します。

化粧水 化粧水は乾燥した肌に潤いを与えます。お風呂上がりや洗顔後などの時に最初につけるものです。
乳液 乳液は付けても付けなくても良いです。女性は大抵付けています。化粧水を浸透しやすくするだけでなく、肌に潤いを閉じ込めます。通常は化粧水をつけた後に塗ります。
→化粧水のおすすめはビーグレン
美容液 美容液はスキンケアの中でも一番効果が高いものよいう位置付けで、値段も少し高いです。女性でも付けている人もいれば、付けていない人もいるほどです。シミやしわ、たるみなどが気になる場合につけることが多いです。
→美容液のおすすめはビューティーオープナー

上記の表もぜひ参考にしてください。

日常生活の流れに組み込むことで、簡単で効果的な方法

男性にとってスキンケアはめんどうな対象です。

この方法を用いることでこのめんどうを克服することができます。

まず、ポンプに入った化粧水を用いることで、キャップや蓋の開け閉めを行うこともありません。

ポンプで販売されている化粧水を購入するだけでなく、100円均一で売られているポンプに移し替えるだけで日々の手間を大きくカットすることが出来ます。

そして一日二回とタイミングを決めてしまうことで日常生活の流れに組み込まれます。

人は特別なことを行おうとすると面倒になってしまい続かないものですが、日常生活に組み込まれると自動的にその行動を行うものです。

この二点によって毎日楽に継続出来ることができ、私は10年以上もスキンケアを行えています。

友人や同僚から、スキンケアのお陰で肌がきれいだと言われる

男性であっても肌の状態を褒められることは嬉しいものです。

私はこのスキンケアを10年以上継続していることで、「肌がきれいだね」と褒められることが何度もありました。

肌を見られることは恥ずかしいものですが、それでもやはり嬉しいものです。

さて、肌がきれいというだけで異性として選択される可能性が高まるのではないでしょうか?あなたが異性を選ぶときに、肌以外の条件が全て同じで、肌がきれいな人と肌が汚い人のどちらにするでしょうか?迷うことなく肌がきれいな異性を選択すると思います。

決してモテることだけが人生において重要なわけではありません。

しかし、一日二度の簡単なケアがモテに繋がっているとすれば、スキンケアに取り組んだ価値が十二分にあると考えています。

日常生活に取り組める方法を見つけ出そう

今回紹介した方法はどんな人でも継続出来るスキンケアの方法です。

しかし「乳液もちゃんと使いたい」といった願望を持つ男性も少なくないでしょう。

いずれにおいても、今回紹介した方法は簡単に使うことが出来ます。

クリーム以外の美容液はポンプに入れてしまうことで使用時のめんどくささが一気に軽減します。

これだけでも継続するためのポイントになります。

また、ポンプを置く場所を工夫する事も大切です。

洗面台に置けば、洗顔時や入浴の直後に使うことが出来ます。

この二点の工夫だけでめんどうだったスキンケアが継続可能なものになります。

ちゃんとスキンケアしよう!と気を張らず、顔にばしゃっとかけるだけ。

と思えば、よりハードルは下がります。

良い意味で適当にすることが大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*