軽いワキガの悩み解消へ~脇パットで立てる臭い対策

高校の頃なのでもう15年も前のことですが、暑い日に何気なく歩く道端で心地良い風を受けた時に気がつきました。

自分がワキガであることに。

なんとも言えない苦い香。

他人から臭いと指摘されたわけではないのですが、その不愉快さを気にすれば気にするほどにワキガが酷くなるようで、それ以来しばらくは空気が自由に通り抜けるゆったりした服装が怖くて仕方ありませんでした。

色々試しました。

デオドラントスプレーや塗る芳香剤。

ワキガは脇下の摩擦で起きるのではいかと、歩くときはロボットのようになるべく脇を擦らないように気を付けたりもしました。

デオドラントクリームもたくさん使っていました。その中でもボディソープとセットで売られているデオシークの効果はすごかったです。

それでも風が吹く度に奴が鼻を刺激するのです。

これって本当に不思議ですよね。

別に太っているわけでもないし、汗かきな訳でもない。
なのに、何故か脇の下は湿っぽいのです。
そこで導入したのが脇パットでした。
この数百円の代物が私の人生を変えたのです。

脇パットを導入して~費用対効果は?

ハンドタオルを挟んだりもしましたが、選択したとは言え次回、そのハンドタオルで額の汗を拭く気にはなれず…

そこで目を引いたのが『脇パット』でした。

何気に100均を見ていたら、見つけたのです。
10枚入りで!色が白と肌色。
服装によって使い分けることも出来ます。
フィルムタイプもあるようですが自分の場合はとにかく脇汗が気になって仕方なかったので、吸収してくれるタイプのパットを使用しました。

これがなかぬか良い代物で、それ以来少なくとも自分の匂いが臭いと気になることはおかげでなくなりました。

トータル的に見れば、やはり匂いの予防は清潔にすることが1番なのでしょう。
デオドラントスプレーは元々の匂いと混ざった芳香剤の匂いが私的には非常に不愉快でした。

極論を言えば、脇汗を感じた段階でシャワーをマメに浴びることや、こまめに拭くのが良いのでしょうけど流石に場所や時間を気にしないで出来るわけではないので、併用する程度で考えておきましょう。

脇汗防止の脇パット。

匂いが気になる方は是非試してみて頂きたいと思います。

脇パットが人生に出してくれた助け船

仕事柄、薄着になったり両手を上に上げる機会は元々多い方でした。

この脇パットの存在がなければ、極論を言えば満員電車でつり革に捉まることさえ出来なかったことでしょう。

そして、臭いという物は自分で気付く事がなかなか難しいと言います。
つまり、自分で気付く程度と言うことは既に周りの人達が言わないだけで、多大な迷惑をかけていたに違いないのです。

実際、脇パットを使用する前はハンドタオルで脇の下を拭いていたのですが、帰宅後洗濯機にそのハンドタオルを入れるときにただよう臭いは酷いものでした。
人間は、自分に自信のない部分を過度に強調して捉えてしまう特性があります。
自分に自信が持てない時は何をやっても上手く行かないものです。

恋愛も交友関係も勿論ですが、それが仕事にすら影響を与えてしまったら…と思うと、たかが臭いごときで大変勿体ない話です。

脇パットの留意点~程度によって対策を考えよう!

私は100円ショップの脇パットを使用しましたが、もっと選択肢を広めるならばその種類はピンキリです。

実際私の場合は他人や信頼できる身内から指摘を受けるほどの重傷ではなかったので、これで済んでいるのかも知れませんが、中にはワキガの匂いが部屋中に充満するほどの強烈な症状の方もいると思います。

そんな方は、脇パット云々よりも例えば食事に気を付けたり、生活習慣を見直したり、場合によっては医療的な相談を要する場合もあることでしょう。

臭いの程度で対策を考えていく事が必要不可欠です。

そして、その臭いをどのようなシチュエーションで気にしなければならないのかも1つの鍵になります。

例えば、仕事やプライベートでも気がついたときにこまめに引き取りが出来るようであれば、別に改めてお金をかける必要もないわけですから。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*