噴き出す汗にも負けないアロマの香りでにおいをシャットアウト

夏場、特に臭いのが背中あたりです。
汗をかいたあと、クーラーで涼み汗が引くとなんか臭い、家族にもにおいを指摘されて、アロマオイル入りの日焼け止めを使ったり、アロマオイルをココナッツオイルと混ぜて首元や耳の後ろ、背中部分にチョンチョンとつけると、何時間か良い香りが続きます。汗をかいたら、まずコットンにエタノールを含ませて、臭う部分を拭き、もう一度アロマオイルを少量つけておきます。
夏場はスーッとするミントが気持ち良いです。
自分なりの【におい対策】ではありますが、周りの方々へのにおいの配慮をすることや、自分自身にも気遣ってあげることで、毎日を快適に過ごせるのではないかと思います。
最近、家族には「良い匂いがするよ」と言われ、におい対策の必要性を感じています。

体臭には、アロマの香りで持続させる

営業的なお仕事をしているため、人に会うときは口臭はじめ、体臭にはとくに気をつけています。
お客様との商談などで緊張すると、変な汗が出てしまい加齢臭がして臭いので、良い香りが持続するアロマオイルを使っています。
アロマオイルは少量(1〜2滴)で香りが広がるので、長持ちして経済的です。
夏場、汗が噴き出しても臭いにおいを和らげ、さらには遮断してくれる効果があります。
また、アロマオイルは、リラックス効果があるので癒しとなっています。
この体臭対策をする事で、自分にも自信が持てるようになり、加齢臭を気にしなくて良いようになりました。
以前の私は、お客様の前でにおいが気になり、いまいち自信を持てずにいました。ですが、アロマオイルを使い始めてのちは、余計なことが気にならず、お客様と向き合うことに集中できるようになりました。
体臭対策を実践することで、こんなにメリットがあるのだということに気づかされ、これからも続けていこうと思います。

汗を放置することで自分にも周りにも悪臭を放つ

汗を放置することで、良い事は何もありません。
まずは、周りに不快感を与えてしまいます。とくに夏場の満員電車は最悪です。
若者の鉄分臭や、中高年の加齢臭が電車内に立ち込めて、気分が悪くなることがあります。
また、汗をそのまま放っておくと、発疹ができたり、暑い場所からクーラーで涼むを繰り返すと、風邪を引いたりするのでやっかいです。
自分自身も一日中、臭いにおいが気になり、仕事に集中できないといったようなマイナス要素ばかりです。
そうなると自分に自信が持てず、考えもおのずとネガティブになっていき、悪循環です。
たかが体臭、されど体臭です。
におい一つで、自分にも他人にも不快感を与えてしまうので、におい配慮は必要です。

アロマオイルが肌に合わないと痒みが出る

臭いからといって、アロマオイルの分量を考えず、つけ過ぎることはオススメしません。
使用方法や、自分に合っているかを確かめて身体に塗るようにしています。
以前、つけ過ぎたことがあり、その部分がカサカサになったことがあります。さらに、皮膚炎を起こしたことがあり、使用前には敏感肌なのかとか、乾燥肌なのかなど、自分の肌質を知った上で使用することにしました。
アロマ専門店には、資格を持った店員がいるので、詳細を聞いてみるのも良いかもしれません。
また、アロマオイルを沢山つけ過ぎることで、かえって匂いがきつくなり周りに不快感を与えることもあるので気をつけています。
自分が良いから沢山つけるということではなく、周りに対しての匂いの配慮と、程よい匂いがお互い快適に過ごせるのではないかと考えています。
この香りが良いからといって、周りの皆すべてが認める訳ではないので、気をつけています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*