食欲を抑えるにはどうすれば良いの?ダイエットに失敗し続けている私がしていること

生涯のほとんどをダイエットに費やしていました。
食べ物のカロリーや摂取量を毎日毎分気にしながらの生活を続けていると、普通の食事がどういうものだったかがわからなくなってしまうのですね…。ダイエットしなきゃと思えば思うほど過食して太る。少なくとも私はそうでした。
気が付けば痩せる努力よりも過食衝動を止める努力に必要性を感じるほどになっていました。

そこで今までの抑えるダイエットを手放して、食欲自体が過度に湧かない脳作り・体つくりを始めることにしました。
それを私が勝手に「食欲沈静ダイエット」と名付けてみました。

このダイエットの目的は、食べ過ぎになるほど食べたくなる「食欲」そのものを鎮めることです。

方法とルールは以下の通りです。

食べたいと思ったものを取りあえず食べる
嫌だと思うこと、やりたくないことはなるべくやらない
体重を毎日測り、痩せるとか太るとかを気にしない訓練をする。

最大のメリットは「過食をしなければまず極端に太ることはない!

食べたいものはとりあえず食べるので気が済みますし、お腹も満たされるので、食べてしまってからは食べ物のことが頭から離れてくれるのがいい点でした。

最初は全然痩せません。むしろ微妙に体重が増えている日も当然ありました。
食欲沈静ダイエットを始めたばかりの頃は、食事の後に、ポテトチップスやアイスやコーラ、クッキーなどしょっちゅうつまんでいたのですが、少しずつ食べたいものが減ってきていました。
2ヵ月くらいしたら、自然と食べたいものが減ってきました。
食後にアイスを食べたらもうそれだけで十分満足。
なんで今まではあんなにいつまでもいつまでも食べ物のことを考えていたのかな…とそっちの方が不思議に思うくらいでした。

食べ物やダイエットのことを忘れている時間が増えた分、友達と食事を楽しみにいったり、読書や散歩など趣味が増えたのもうれしい変化でした。

ダイエットを始めて1か月目の平均体重と2か月目の平均体重との差は1.5キロほどでしたので、2か月で1.5キロのマイナスと考えていいと思います。

ダイエット中の過度なストレスを無くせば楽に痩せられる

ダイエットは苦しくてもやらなければいけないと昔は思っていました。
若い頃の私は努力と気合でなんでも突破できるという傲りがありました。自信過剰ですよね(汗)。

過度な食事制限とストイックな運動をすれば確かに一気に体重は落とせるのですが、結局辛くなる。
辛いのを我慢し続ければ、心も体もバランスを崩してしまいます。
その結果、「私は食べたくない!痩せたいんだ!」と決意を固めても、一口でも食べ物を食べるとスイッチがはいったように過食。

それが食欲沈静ダイエットでは、そのストレスがありません。
食べてますからね。
けれど、常に食べたいものを食べているので、最終的には過食衝動はなくなりました。
過食して後悔して鬱状態になって、そんな気分の浮き沈みもなくなりました。

体重計は毎日乗りました。
それは痩せるためではなくて、一喜一憂しなくなるための訓練だと思うようにしました。

ゆっくりペースでも結果痩せてリバウンドしなければ儲けもん

とにかくゆっくり無理なく痩せられたらいいのではないかと思います。
無理をしてまた太ったら、結果太っている状態に戻るわけですから、急いで痩せることもないです。
好きなことをして、食べ物のことを四六時中考えるほど飢えたりしないで、知らぬ間に痩せよう。
そのくらいの気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その後私は半年かけて3キロくらい痩せました。
少しだけ体が軽くなった気がします。
もう少し痩せられそうです。
ちなみにあと2キロ痩せたら、標準体重の仲間入りです。
そのくらいでまずは十分です。
無理なダイエットをしていた時は、もっとずっと痩せていましたけれど、どうせ続かなくて太るくらいなら、標準で十分です。

「食欲沈静ダイエットって、それ、ダイエットじゃなくて普通の生活じゃね?」
と思う方もおられるとは思いますが、私はダイエットのつもりで取り組みました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*